2015年02月24日

「太陽」3月のドリンク付き上映会(3.7〜11)

3月の上映会(3.7〜11)は、「太陽」です。
SOLNTSE/ロシア・イタリア・フランス・スイス/2005年/35ミリ/カラー/115分
監督・脚本:アレクサンドル・ソクーロフ
出演:イッセー尾形 ロバート・ドーソン 佐野史郎 桃井かおり つじしんめいほか
cinecafesoto150307.jpg
●1945年8月。天皇は、疎開した皇后や皇太子らと離れ、地下の待避壕と、唯一残った研究所で生活を送っていた。敗戦が色濃くなる中、御前会議では陸軍大臣が本土決戦と息巻くも、国民に平和をと願う天皇は、降伏を静かに示唆する。研究所では、子供の様に無邪気に顕微鏡を覗く天皇だったが、突然思い出したかの様に、戦争への道を歩み始めた原因について語り出し、書記を命じる。空襲の悪夢にうなされ、ひとり、皇后や皇太子の写真を優しく見つめる天皇。やがて、連合国占領軍総司令官マッカーサーとの会見の日がやってくる…。
歴史上の人物を描く全4部作からの3作目は天皇ヒロヒト。映像の美しさに定評のあるソクーロフは、遥か上空から捉える東京大空襲の爆撃機を、空を泳ぐ鯉のように幻想的に表現し、また、窓から照らす月光が、もの思いに耽る天皇を浮かび上がらせるシーンを、絵画のように優しい光で包みます。それらは、イッセー尾形の繊細な演技と相まって、孤独と苦悩を抱えた、ひとりの人間としての天皇ヒロヒトを静かに語ります。

posted by Cinoche at 00:33 | Cinema