2018年12月22日

12.22・23『「パリ猫ディノの夜」+ クリスマスディナー 上映会 』・ 12.24『「パリ猫ディノの夜」 + 中山うりミニライブ 上映会 』

2018年のクリスマス上映会は「パリ猫ディノの夜」を上映します。
Une vie de chat/フランス/2010年/BRディスク/カラー/70分/2012年アカデミー賞アニメーション部門ノミネート等/提供・配給 巴里映画/DVD・BR製作・販売 日本コロムビア
監督:アラン・ガニョル、ジャン=ルー・フェリシオリ 声の出演:ベルナデット・ラフォン ドミニク・ブランほか
『パリ猫ディノの夜』』公式サイト
cinecafesoto181222.jpg
(c)Folimage Lunanime Digit Anima
●パリ猫ディノが飼われているのは、刑事の父親を亡くしたトラウマで失語症になってしまった女の子ゾエとその母親で女警視のジャンヌが暮らす家。ジャンヌは多忙で留守がち、ゾエは一日中ひとりぼっち。飼い猫のディノだけが心を通わす唯一の友達だった。ある朝、いつもならトカゲを戦利品として持ち帰るディノが、ダイヤを埋め込んだ魚のデザインのブレスレットをくわえて来た。不思議に思ったゾエは、夜になると出かけるディノを追跡。そこでゾエは驚きの発見をする事に…。
ディノ達が屋根伝いに飛び回るパリの夕暮れの景色を筆頭に、独特なタッチで描かれたアニメーションは、画面構成もダイナミック、色彩も豊かで見応え十分。つい惹き込まれるストーリー展開も見事。完成度の高いファンタジックミステリーとして、アカデミー賞にもノミネートしています。 今回は、事情により恒例のフィルム上映とは成りませんでしたが、公開時に大変話題となった、そのエンターテインメント性と芸術性を兼ね備える本作は、ブルーレイでも全く色褪せません。心温まるハッピーエンドはクリスマスに訪れます。是非この機会に、本作をスクリーンでご堪能ください。

【クリスマスディナー】
ほうれん草のポタージュ
アペリティフ3種盛り:
・エビとアボガドとグレープフルーツのサラダ
・トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ
・キッシュ
丸鶏のグリル
自家製パン2種
アップルクランブル
1ドリンク付き

12.22(土)<Aプログラム>「パリ猫ディノの夜」 + クリスマスディナー上映会
12.23(日)<Bプログラム>「パリ猫ディノの夜」 + クリスマスディナー上映会
12.24(月祝)<Cプログラム> 「パリ猫ディノの夜」 + 中山うり弾き語りミニライブ
●自他ともに認める猫好きのシンガーソングライター中山うりとのコラボ上映会。
出演:中山うり(vo, g) 中山うり公式サイト
'07年にメジャーデビュー、'12年に独立。現在まで11枚のアルバムを発表。ジャズ、ラテン、日本の懐メロ等の影響下から紡ぎだされるオリジナル楽曲と、低めの柔らかい声(ミラクルヴォイス)で歌うそのパフォーマンスにファンも多い。『回転馬に僕と猫』は、「NHKみんなのうた」にも取り上げられた。本人も暮らす東京都北区を流れる石神井川を題材とした『石神井川で会いましょう』は、来年2月より、北区内の全図書館の閉館の音楽として採用予定。
今回の「パリ猫ディノの夜」上映後の弾き語りミニライブでは、2匹の猫と暮らす愛猫家でもあるご自身がセレクトした猫にまつわるオリジナル曲を弾き語りしていただきます。
posted by Cinoche at 18:00 | Cinema