ハッチハッチェルサイン入りCDを店頭で限定販売中。「旅のアルバム」2枚。
 前野健太サイン入りDVDを店頭で限定販売中。「DV」1枚。
 上映会宣伝で利用したポスター販売のお知らせ
 OAK子供英語塾 大人の個人レッスンも受付中!
 天然石でつくるアクセサリー講座 
 地元大学映研の学生有志による「シネカフェ・ソト応援リレーブログ」
 ニッポン放送「薬師丸ひろ子 ハート・デリバリー」2013.3.17で、当店の紹介が放送されました。
 フジテレビスーパーニュース2012.10.19で、当店の紹介映像が放映されました。
 東京新聞2012.10.02【TOKYO発】で、当店の紹介記事が掲載されました。
 産經新聞2009.07.01朝刊文化面【続スクリーンとともに】で、当店の紹介記事が掲載されました。

2015年07月10日

7.10(金)【『安藤明子とドキソワーズ』レコ発ツアー 東京編】

【日時】7月10日(金)19:30 (開場18:30)

【会場】シネカフェ・ソト JR埼京線十条駅前(新宿から11分) マップ

【出演】
・樽木栄一郎バンド (仮) 公式サイト
サポートメンバー:千ヶ崎学(b)宮川剛(ds)
・安藤明子とドキソワーズ 公式サイト
サポートメンバー:千ヶ崎学(b)宮川剛(ds)佐々木悠(p)

【料金】事前予約 ¥3,000 / 当日 ¥3,500 (共に1drink代別途¥500)

【ご予約】
ご予約はメールで承ります。メールのタイトルを「7.10樽木安藤ライブ予約」とし、代表者のお名前、ご連絡先、人数(1回のご予約は最大3名まで)を明記の上、下記のメールアドレスにお送り下さい。折返し、整理No.付きのご予約完了のお知らせを返信致します。
ご予約のメールフォーム:cinecafesoto@gmail.com

【お問い合わせ】
シネカフェ・ソト 電話:03-3905-1566
posted by Cinoche at 19:30 | Event

2015年06月28日

6.28(日)「B4楽団」1stアルバム「迷子のすゝめ」発売記念ライブ

〜B4楽団1stアルバム「迷子のすゝめ」発売記念ライブ!〜

【日時】6月28日(日)18:00 (開場17:30)

【会場】シネカフェ・ソト JR埼京線十条駅前(新宿から11分) マップ

【出演】B4楽団
松延耕資(Sax.)黒川紗恵子(Cl.)田中庸介(Gt.)木村仁哉(Tub.)熊谷太輔(Perc.)

【料金】事前予約 ¥2,500 / 当日 ¥3,000 (共に1drink代別途¥500)

【ご予約】
ご予約はメールで承ります。メールのタイトルを「6.28B4ライブ予約」とし、代表者のお名前、ご連絡先、人数(1回のご予約は最大3名まで)を明記の上、下記のメールアドレスにお送り下さい。折返し、整理No.付きのご予約完了のお知らせを返信致します。
ご予約のメールフォーム:cinecafesoto@gmail.com

【お問い合わせ】
シネカフェ・ソト 電話:03-3905-1566
posted by Cinoche at 18:00 | Event

2015年06月14日

6.14(日)15:00 シネトーク 晋也と俊雄の映画塾

<映画の名セリフ、決めゼリフ>
「バラのつぼみ」「君の瞳に乾杯!」「明日は明日の風が吹くわ」「母さん、僕のあの帽子、どこへ行ったんでしょうね?」「そいつを言っちゃおしまいよ」「ご一緒させてもらいます」「フォースと共にあらんことを」「愛とは決して後悔しないこと」「お楽しみはこれからだ」「進入口を開けろ、ハル」「マティーニを。ステアじゃなく、シェイクで」……。
何の映画か、皆様、分かりました?今回のシネトークは、そんな名セリフ、決めゼリフから映画をひもときます。ますます好調なカントクと渡辺アナウンサーの映画ウンチクにご期待下さい。
前回好評だった、山本カントクの「未亡人下宿」のサワリもお見せする予定です。そう言えば、このシリーズの決めゼリフは何でしょうね? カントク! 教えて下さい!
終了後は、両氏を囲んでの懇親会的打ち上げも予定。映画談義に花を咲かせましょう!

【日時】6月14日(日)15:00 (開場14:30)

【会場】シネカフェ・ソト JR埼京線十条駅前(新宿から11分) マップ

【出演】
山本晋也 ”カントク”の愛称でお馴染みの映画監督
渡辺俊雄 NHK元アナウンサー、衛星映画劇場三代目支配人

【料金】¥1,800

【ご予約】※定員40名 お席に限りがございます。事前にご予約下さい。
ご予約はメールで承ります。メールのタイトルを「6.14シネトーク予約」とし、代表者のお名前、ご連絡先、人数を明記の上、下記のメールアドレスにお送り下さい。折返し、ご予約完了のお知らせを返信致します。
ご予約のメールフォーム:cinecafesoto@gmail.com

【主催】
あさぶろ(朝妻秀明)・シネカフェ・ソト

【お問い合わせ】
シネカフェ・ソト 電話:03-3905-1566
posted by Cinoche at 15:00 | Event

2015年06月06日

6.6(土)「パークハイツ楽団」ワンマンライブ

記念すべき第一夜から2年、仲山卯月(コーヒーカラー)、中山うり率いるパークハイツ楽団再始動。 埼玉県浦和の団地『パークハイツ』育ちの仲山兄妹が紡ぐ、ベッドタウンの歌物語。書き下ろしの楽曲と懐かしい80sのメロディを織り交ぜ、豪華楽団の演奏に乗せて賑やかにお届けします。きっとアナタの原風景も見えてくるはず。

【日時】6月6日(土)19:00 (開場18:00)

【会場】シネカフェ・ソト JR埼京線十条駅前(新宿から11分) マップ

【出演】
パークハイツ楽団員
----------------------
仲山卯月(vo etc.)公式ブログ
中山うり(vo etc.)公式サイト
黒川紗恵子(cl)
西村健司(tb)
永見行崇(p)
南勇介(b)
岡部量平(per)

【料金】事前予約 ¥3,000 / 当日 ¥3,500 (共に1drink代別途¥500)

【ご予約】
おかげ様で、予定数を越えたため、
事前予約は終了致しました。
現在、キャンセル待ちのご予約を承っております。ご希望の方は、メールのタイトルを「6.6パークハイツキャンセル待ち希望」とし、代表者のお名前、ご連絡先、人数を明記の上、下記のメールアドレスお送り下さい。
折返し、キャンセル待ちについてのご案内を送信させていただきます。

キャンセル待ち希望のメールフォーム:cinecafesoto@gmail.com

【お問い合わせ】
シネカフェ・ソト 電話:03-3905-1566
posted by Cinoche at 19:00 | Event

2015年05月23日

5.23・24 松永大司監督の秀作短編上映&トークショー!

「トイレのピエタ」6月公開を控える才気溢れる注目の新人監督・松永大司の秀作短編上映&トークショー!
cinecafesoto0523Z.jpg公式サイト
6.6公開「トイレのピエタ」全国共通特別鑑賞券1,400円。店頭で絶賛販売中!

人物の内面を鮮明に、そして温もりを与え描写するその手腕が高く評価される監督・松永大司。今年6月には、初の長編映画「トイレのピエタ」の全国公開が控え、その存在は注目の的だ。その松永監督が2010年から2012年にかけて撮った短編映画が、「おとこのこ」と「かぞく」だ。
中学生男子二人の揺れ動く心とその二人の間の距離を繊細なセリフと丁寧な演出で紡ぎ、男子二人の成長を鮮やかに観せてくれる『おとこのこ』。三人きりの家族であり兄弟であるその生活を痛いほどに描写し、どうしようもない困難に追い詰められた家族の哀しみと人間が持つ根源的な強さを表現した『かぞく』。
小さき者達をじっと見つめ、その心の微細な揺れを体温と共に描く映画作家・松永大司の感性が注ぎ込まれた二作品。スクリーンから才気が感じられるはずだ。『トイレのピエタ』を観賞する前に、是非、この二作品で、松永大司の世界感に浸ってほしい。

「おとこのこ」2010年/カラー/35ミリ/30分
cinecafesoto0523A.jpg
文化庁委嘱事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2010」製作実地研修完成作品 ※35ミリプリントでの上映
監督・脚本:松永大司 製作総指揮:松谷 孝征(VIPO理事長) 製作:ndjc2010事務局(VIPO) プロデューサー:田村健一 協力プロデューサー:田沢連二 音楽:柴草玲 撮影:池内義浩 照明:原由巳 録音:岸田和美 編集:橘樹陽児 装飾:川田直樹 スクリプター:小泉篤美 スタント:高橋昌志 音楽プロデューサー:竹中惠子 助監督:足立公良 制作担当:村山大輔 制作プロダクション:松竹株式会社映像製作部
出演:清水尚弥 吉原拓弥 内田慈 磯貝奈美 吉永秀平 山下容莉枝
●中学3年生の賢と透はイジメにあっている。他人からの愛情を欲しているのに、どうすれば得られるのかがわからない賢は孤独にもがき苦しむ。そんなある日、透に理不尽な怒りをぶつけ落ち込む賢は、家庭教師、理恵のバイクに乗せられ、夜の街に向けて走り出すのだが…。

「かぞく」2012年/カラー/BRD/20分
cinecafesoto0523B.jpg
監督・脚本・編集:松永大司 プロデューサー:前田紘孝 中尾恵美 撮影:池内義浩 録音:與語哲士 音楽:茂野雅道 配給:アークビジョン
出演:高野春樹 南部真人 金原有亮 小林聡 いとうよしぴよ
●両親がなく、男兄弟3人で暮らす長男・田中徹也、次男・靖、三男・翔太。 厳しい環境にもめげず、家族3人で生活をしてきた。そんな中、次男の靖が家を留守にする日々が続く。そして、徹也のもとに一本の電話がかかってくる…。

TORIMAKI.gif
【ゲスト】
・松永大司監督(23日・24日)
1974年生まれ。大学卒業後、『ウォーターボーイズ』(監督:矢口史靖)、『手錠』(監督:サトウトシキ)などに出演。その後、『ハッピーフライト』(監督:矢口史靖)、『蛇にピアス』(監督:蜷川幸雄)のメイキング監督や、『レスキューファイアー』(テレビ東京系)の監督を務める。性同一性障害の現代アーティスト“ピュ〜ぴる”を8年間追い続けたドキュメンタリー映画『ピュ〜ぴる』がロッテルダム国際映画祭2011、全州国際映画祭2010、テルアビブ国際映画祭2011、パリ国際映画祭2010など世界各国の映画祭に正式招待され絶賛される。2013年には格闘技界初となるドキュメント映画として日本総合格闘技PANCRASEの試合や選手たちを捉えた『MMAドキュメンタリーHYBRID』、2014年には黒人教会の宗教音楽であるゴスペルの本質を探り、日本にまで影響を及ぼすことになる背景を追いかけた「GOSPEL」を監督。そして、手塚治虫の遺した言葉から構想した長編劇映画『トイレのピエタ』が、今年六月に全国ロードショー公開となる。

・女優 内田慈(24日)公式ツイッター
神奈川県出身。演劇、映画、テレビ作品と幅広く活動中。これまでにポツドール、イキウメ、ハイバイら、新進劇作家・演出家の作品に参加。また「ぐるりのこと。」(08年/橋口亮輔監督)でスクリーンデビューを果たしてから、初のヒロイン役を務めた「ロストパラダイス・イン・トーキョー」(10年/白石和彌監督)、園子温監督「恋の罪」「ヒミズ」など話題の作品に次々と出演。また深夜ドラマ「リバースエッジ 大川端探偵社」やNHK朝ドラマ「まれ」にも出演、好評を得ている。今後も橋口亮輔監督「恋人たち」、呉美保監督「きみはいい子」、三池崇史監督「極道大戦争」など話題映画への出演が控えている。
両日とも、司会は脚本家の松本稔。

cinecafesoto150523tract.jpg
posted by Cinoche at 16:00 | Cinema